レビュー;スーパーロボット大戦V

2017.03.27.Mon.20:01
版権スパロボとしては初のPS4展開の「スーパーロボット大戦V」のレビュー。
LRG_DSC03053_1.jpg
 
個人的にも版権スパロボをプレイして、さらにクリアまで漕ぎ着けたのは久しぶり。
最近はOGシリーズのリリースのペースが速いでな。

まず、今回はBGMが音楽ではなく歌が収録されとる限定版がリリースされる、という今までに無い展開。
見てのとおり俺は限定版の方を買った。1万円超えとかなり高額やったけど、それに見合うだけの価値があった。
俺がこの限定版を買うにあたって一つ恐れとったのは、過去に似たような限定版でこんな無能な事をやってのけたソフトがあってな↓
Screenshot_2017-03-08-23-16-23.jpg

ディスクそのものは通常版で、「ダウンロードコードで追加楽曲をDLしてね」という腐った事をやってくれた。この時は発売前に気付いたで即座に限定版の予約を取り消して通常版を予約し直したけどな。
発売元は同じバンダイやし、今回もそうなる事を恐れとったけど、今回は大丈夫やった。
17553860_670691296441901_8913692806039038390_n.jpg
↑有能

そして、これを買って正解やった。
最近のスパロボはBGMのアレンジがどうにも下手な気がする。Zの時にはあまりのチープさに「ジャスコクオリティ(スーパーで流れる音楽のようだ、という意味)」と揶揄された。ボーカルそのまま収録したのが流れれば、これが盛り上がらんはずが無い。

「また並行世界か」というのがシナリオに対する最大の文句かな。いろんなアニメをごっちゃにした、言わば闇鍋状態なのにちゃんと調和が取れとるのがスパロボの魅力のはずなのに、並行世界に逃げたら作品間の設定の刷り合わせを放棄しとるようにしか見えんぞ。
参戦作品に個人的には待ってましたマイトガイン!むしろこれ一つのために買ったと言っても過言ではない。ガオガイガーは例外的に参戦しとったけど、勇者シリーズは参戦難しいだろうと思っとっただけに、参戦が発表された時点で購入確定した。シナリオ上はかなり優遇されとったし、満足満足。
シナリオは「宇宙戦艦ヤマト2199」がかなりの比重を占める。中盤で無理矢理話を逸らして他のアニメをねじ込んだけど。
知らんアニメが相当数あるにも関わらず楽しめる、相変わらず素晴らしい唯一無二のキャラゲー。このシリーズ追っかければある程度ロボットアニメについてけるような気がする。

難易度的にはかなり簡単な部類に入るかと。
かなりの数の機体をフル改造できたほどに資金は潤沢にあるし、SRポイントも初見でほとんど取れた。その結果難易度ハードのまま進めることになってしまったけど、全然ハードと感じんかった。

ユニットについてやけど、今回はかなり脇役が冷遇されとったように感じる。主役級はもともと武装の数が多いのにどんどん追加されてくのに対し、脇役は初期で3つとか。しかも追加無し。簡単やでこれら使ってもクリアはできるんやろうけど、効率良く進めようと思うと必然的に使うユニットは限定されるような気がする。S・RPGにおいて自分の使いたいユニットが使えん、というのは良くない。

ゲーム以外の面で一つ文句を書けば、PS4ではスクリーンショットや動画をアップロードする事ができるんやけど、この作品はそれが大きく制限されとった。
スパロボと言えば以前から戦闘シーンの動画が違法アップロードされる事が多いし、それさえ見れればスパロボの存在価値は8割無くなるほどに戦闘シーンが肝のシリーズなんやけど、動画が制限されるのは当然と言える。
けどスクショが制限されるのはなぜだ?最序盤だけはスクショと撮る事ができたけどいつぞやからできんくなった。
スクショが撮れればSNSやブログで紹介できるし、作品の宣伝にもなるはずやけど。

久しぶりにスパロボをプレイしたけど、今回は個人的にかなりのヒットやった。
とは言え疲れるでしばらくスパロボはいいや・・・。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する